ページのトップ

空手ライフを楽しもう!3才から老若男女・親子で楽しめます。新極真会 新潟支部

公式Facebookページへ
新極真会 新潟支部 古川道場お電話でのお問い合わせ 025-201-8318メールでのお問い合わせ

HOME >>ニュース一覧>>ニュース2009年10月

コンテンツスタート

ニュース

夏合宿

青少年育成チャリティー、中越地震・中越沖地震復興チャリティー

第6回オープントーナメント 新潟空手道選手権大会

2009年9月20日(日)  新潟市東総合スポーツセンター

城南の新鋭が新潟制覇! 世界代表戦線へ名乗りを上げる

 今年の新潟大会には他団体の世界大会日本代表選手が出場するということで、トーナメントの盛り上がりが期待されていた。その選手は、城南支部移籍してきた小暮優志。身長192cm、体重96kgという恵まれた体格を持ち、まだ24歳と年齢的にも伸び盛り。今回の試合にも期待が寄せられていた。
  過去の戦績から見れば、いきなりの全日本大会デビューもありえた。だが師匠である入来武久師範は、本人の気持ちを確認する意味を込めて、この新潟大会をデビューの場に選んだのだという。
  残念ながら地元の優勝候補・岡田剛が病気で欠場してしまったため、小暮に対抗できる選手は減ってしまった。しかし、その結果として華々しいデビュー戦となった。
  小暮は一回戦、義田大峰と対戦。体格差を生かしながらも無理に押し込まず、的確に突きと下段を決めて下段廻し蹴りで一本勝ちを決めた。二回戦ではブロック大会で活躍する山内健資と対戦。山内も粘りを見せたが、小暮の勢いを止めることはできなかった。
  準決勝では地元強豪の宮川寛也と対戦した。宮川は一回戦、二回戦を下段廻し蹴りの一本、技有りで決めて勝ち上がってきただけに期待も高かった。だが、宮下の下段を持ってしても小暮を止めることはできなかった。小暮は時おり上段や中段を振ってから下段を叩き込み、ダメージを重ねて勝利を収めた。
  決勝では栃木の鈴木好美と対戦。序盤から下段を効かせ、技有りも出るかと思われた。だが、鈴木の粘りに攻めあぐね、倒すに至るまで詰めることはできなかった。それでも小暮の攻勢は揺るがず、圧巻のデビュー戦優勝となった。
「受け入れてくれた入来師範のためにも今日はどうしても優勝したいと思っていました。来年からは全日本大会にも挑戦し、世界大会に出られるようにがんばります」
  試合後にこう語った小暮の全日本デビューは、早ければ来年のウエイト制大会になりそうだ。全日本クラスの選手達とどこまで闘えるか、今から期待が高まる。
  トーナメント以外では剣術の演武や恒例の古川師範の演武が行われた。ブロックやバット、氷などの連続試し割りに、会場は大いに盛り上がった。


一般無差別級決勝戦
<東京城南支部>○小暮優志 VS <栃木支部>鈴木好美× 本戦 5-0
小暮が下段を見舞うたびに、鈴木の足は大きく流れた。
一般軽量級決勝戦は橋一能が田邊悟志に本戦5-0で勝利。
居合いの演武も行なわれた。藁がスパッと切れると、場内から拍手が起こった。
古川支部長による演武。瓦とバット、氷柱を豪快に破壊した。
今大会は型部門も行なわれ、おおいに盛り上がった。
月刊少年チャンピオンで『空手婆娑羅伝 銀二』を連載中の漫画家・野部優美先生のサイン会も行われた。

大会結果

幼年の部
優勝 鈴木小次廊 (静岡西)
準優勝 土田颯太 (拳獅会)
3位 伊藤 力 (新潟)
3位 真島慶大 (新潟)
小学1年の部
優勝 湯田祥輝 (三重南)
準優勝 山田飛翔 (拳獅会)
3位 山川志温 (新潟)
3位 今泉悠希 (新潟)
小学2年の部
優勝 富山 恋 (波立塾)
準優勝 佐藤弘生 (炎心会)
3位 八木空来 (炎心会)
3位 志賀幸弘 (波立塾)
小学3年の部
優勝 山崎太洋 (栃木)
準優勝 山田凱翔 (拳獅会)
3位 傳法柊二 (埼玉中央)
3位 小柳圭祐 (新潟)
小学4年の部
優勝 太田竜輔 (宮城)
準優勝 関根穂乃花 (神奈川東横浜)
3位 浦中鉄平 (東京城南川崎)
3位 手塚公希 (長野)
小学5年の部
優勝 竹中優成 (愛知山本)
準優勝 上野海樹 (埼玉中央)
3位 都木航佑 (群馬)
3位 大橋和也 (東京佐伯)
小学6年の部
優勝 大日方景都 (長野)
準優勝 水野純之介 (京都南)
3位 布施龍紀  (新潟)
3位 中島功樹 (厚木赤羽)
中学生の部
優勝

中村純一

(栃木)
準優勝 山田大蔵 (福井中央)
3位 大山裕城 (新潟)
3位 山下雄之 (長野)

新極真会 新潟支部 新潟県本部道場
〒950-2162 新潟県新潟市西区五十嵐中島5-1-1 TEL 025-201-8318 FAX 025-201-8379 Eメールよりお問い合わせ