ページのトップ

空手ライフを楽しもう!3才から老若男女・親子で楽しめます。新極真会 新潟支部

公式Facebookページへ
新極真会 新潟支部 古川道場お電話でのお問い合わせ 025-201-8318メールでのお問い合わせ
HOME >>ニュース一覧>>ニュース2008年9月
コンテンツスタート

ニュース

夏合宿

青少年育成チャリティー、中越地震・中越沖地震復興チャリティー

第5回オープントーナメント 新潟空手道選手権大会

2008年9月14日(日)  新潟市東総合スポーツセンター

青少年育成チャリティー、中越地震・中越沖地震復興チャリティー基金贈呈。
岡田剛選手、選手宣誓。
古川支部長、閉会の挨拶。

群を抜く福間 圧倒の初優勝!

 5周年を迎えた新潟大会の無差別級は波乱の連続となった。その中核となったのが優勝を決めた福間寛敦だった。
 準優勝では新潟の強豪であり優勝候補の一角であった岡田剛と対戦したが、岡田が得意とする突きと下段のラッシュを出すヒマを与えず、多彩な攻撃で翻弄して撃破し決勝に駒を進めた。
 決勝では酒田創造と対戦。酒田も第2回大会準優勝者で優勝候補の筆頭である宮川寛也を下して決勝まで勝ち上がってきた。100kg級の体格を生かし、全日本にも積極的に挑戦する酒田だったが、福間を止めることはできなかった。約30kgの体重差をものともせず、アグレッシブに攻撃を叩き込む福間が終始ペースを握る。中盤までは積極的に反撃していた酒田だったが、終盤に失速。最後まで攻めきった福間が優勝を決めた。
「先生や先輩のアドバイスのおかげで優勝できました。次は全日本大会に出場します。あこがれの大会なので集大成を見せたいと思います。」
  大会後こう語った福間。一回戦を勝ち抜けば二回戦で山田一仁との対戦となる。全国クラスでの闘いぶりに注目したい。


トーナメント中ひとり実力が抜きんでた福間(右)
決勝でも勢いが衰えることなく酒田を圧倒し、優勝を決めた。

最後の砦となった酒田(右)は残る力を振り絞ったが、
福間を止めるにはいたらず。

 3位決定戦では岡田がその実力を発揮し、対戦相手を得意の決め技である下段廻し蹴りで沈めて3位入賞を果たした。
  軽量級では新潟大会の常連である小島康司が優勝を果たした。4回大会以外すべて出場し、3回大会に準優勝しているだけにこの大会には強い思い入れがあったという。
「ずっと出場してきたので、やっと優勝できてうれしいです。次は無差別級に挑戦します。」
と喜びを述べた。

一般軽量級では第3回新潟大会の準優勝者の小島康司が初優勝を決めた。
一般軽量級に出場した地元の高橋龍矢(右)は多彩な攻撃を見せてトーナメントを駆け上がり準優勝を決めた。
一般無差別級3位決定戦では地元の雄・岡田剛(右)が得意の豪快な下段廻し蹴りを決めて3位に入賞した。
一般無差別級準決勝。ベテラン酒田創造(左)が北海道の新鋭・高橋泰樹に貫禄勝ちして決勝に駒を進めた。
一般無差別級準決勝。優勝候補の岡田を福間が圧倒。今大会最大の大波乱となった。

 新潟大会と言えば演武、デモンストレーションが多彩であるのが有名だが、今年は剣舞に水墨画のデモンストレーションという他に見られない日本文化の披露に注目が集まった。
 また、恒例となった古川彰支部長の演武も両手ブロック割りに両手瓦割りと豪快な粉砕技を連発し観衆を驚かせた。締めとして、5本束ねたバットを上段廻し蹴りでの試割りに挑戦した。これは大会5周年を記念してのこと。見事に完遂して満場の拍手を呼んだ。

即興で水墨画を描く笹川春艸先生(中央)のデモンストレーションが行われた。あっという間に見事な水墨画が書き上げられた。笹川先生は古川章支部長の中学時代の恩師。
恒例となった古川支部長の演武。五十四歩に始まりブロック、瓦などを次々と粉砕し最後は上段のバット折りに挑んだ。第5回大会にちなんで5本のバットに挑戦し、見事に完遂した。

大会結果

幼児の部
優勝 相庭那南 (東京城南川崎)
準優勝 今野椋太 (空手道MAC)
3位 今泉悠希 (新潟)
3位 山川志温 (新潟)
小学1年の部
優勝 立石将太 (長野)
準優勝 佐藤弘生 (炎心会)
3位 富山恋 (波立塾)
3位 志賀幸弘 (波立塾)
小学2年の部
優勝 岡本竜 (波立塾)
準優勝 山恕太洋 (栃木)
3位 宇井輝 (東京西)
3位 柿澤龍太郎 (長野)
小学3年の部
優勝 太田竜輔 (宮城)
準優勝 斉藤拓海 (拳獅会)
3位 鈴木龍ノ祐 (東京西)
3位 小松崎遥人 (波立塾)
小学4年の部
優勝 山口湧貴 (栃木)
準優勝 熊井亮介 (東京城南川崎)
3位 五十嵐仁 (埼玉武蔵)
3位 上野海樹 (埼玉中央)
小学5年の部
優勝 石岡堅太 (東京西)
準優勝 水野純之介 (京都南)
3位 布施龍紀 (新潟)
3位 馬上響 (波立塾)
小学6年の部
優勝 山下雄之 (長野)
準優勝 目黒拓斗 (真樹道場)
3位 渡辺竜輝 (新潟)
3位 五十嵐杏奈 (埼玉武蔵)
中学生の部
優勝 中川真周 (栃木)
準優勝 濱尾恭 (波立塾)
3位 車田直也 (波立塾)
3位 中野竜希 (空手道MAC)
高校生の部
優勝 長谷川達矢 (埼玉武蔵)
準優勝 船木俊弥 (福島)
3位 遠藤優 (西山道場)
女子の部
優勝 橋本美穂 (宮城)
準優勝 遠藤美奈子 (新潟)
3位 長谷川夏子 (栃木)
3位 佐藤歩実 (フリー)
シニアの部
優勝 天野恒雄 (東京城南川崎)
準優勝 北川孝之 (新潟)
3位 大川和憲 (新潟)
3位 山田裕生 (新潟)
一般中級の部
優勝 毛利総司 (富山中央)
準優勝 後藤政美 (総本部)
3位 飯田誠之 (新潟)
3位 鈴木潤 (波立塾)
一般軽量級
優勝 小島康司 (東京城南川崎)
準優勝 高橋龍矢 (新潟)
3位 田中信光 (北海道 外舘)
4位 川端直樹 (東京城南川崎)
一般無差別
優勝 福間寛敦 (正伝流空手道中村道場)
準優勝 酒田創造 (福井中央)
3位 岡田剛 (新潟)
4位 高橋泰樹 (北海道 外舘)
少年部 敢闘賞・技能賞
敢闘賞 布施龍紀 (新潟)
技能賞 斉藤拓海 (拳獅会)
一般部 敢闘賞・技能賞
敢闘賞 北川孝之 (新潟)
技能賞 高橋龍矢 (新潟)

新極真会 新潟支部 新潟県本部道場
〒950-2162 新潟県新潟市西区五十嵐中島5-1-1 TEL 025-201-8318 FAX 025-201-8379 Eメールよりお問い合わせ