ページのトップ

空手ライフを楽しもう!3才から老若男女・親子で楽しめます。新極真会 新潟支部

公式Facebookページへ
新極真会 新潟支部 古川道場お電話でのお問い合わせ 025-201-8318メールでのお問い合わせ
HOME >>ニュース一覧>>ニュース2008年6月
コンテンツスタート

ニュース

第9回 新潟支部交流試合の記事

第9回 新潟支部交流試合

去る6月1日(日)長岡市民体育館武道場に於いて、第9回新潟支部交流試合が行われました。

運動会の時期という事もあり人数は少なめではありましたが、幼児から少年・一般・シニアまで約50名の道場生が目標をもって戦いの場に立ちました。

毎年、各部門ともに技術的な部分だけでなく精神的な部分でもレベルが向上しているのを感じます。全体的に技ありや一本の確率も非常に上がり、また、延長戦に持ち越してのお互い負けまいとする懸命な打ち合いなど、今回の少年部の頑張りは目を見張るものがありました。

それでは、選手の方の頑張りを振り返ってみましょう。

幼年・小学1年の部で優勝した中野碧選手(新潟船江)は、非常に負けん気が強く、得意の前蹴りを多く使い見事初優勝を飾った。今後も、この気持ちの強さを持ち続け、頑張ってほしい。

小学2年の部では、確実に相手のアゴを捕えるスピードとキレのある上段廻し蹴りと上段前蹴りで小柳圭祐選手(新潟新崎)のオール合わせ一本勝ちで、見事優勝。

小学3・4年の部では、小柳英祐選手(新潟新崎)が相手の技を上手くかわし、一瞬の隙に得意の蹴り技を返し、こちらも全て合わせ一本勝ちで優勝。二年生の部で優勝した小柳圭祐選手とは兄弟であり、見事な兄弟優勝を飾った。今後、より成長が楽しみな兄弟である。

幼年・小学1年の部(予選)

小学5・6年の部では、渡辺竜輝選手(新潟県本部)が重い突きで相手に確実にダメージを与え、更にパワーのある上段廻し蹴りまでつなぎ、こちらもオール一本勝ち。以前に比べ、かなり突きの威力が増してきた彼は、今後の更なる挑戦に期待したい選手である。そして、決勝で惜しくも敗れた佐藤海都選手(新潟県本部)も空手を始めて僅か1年ながら、重い突きの連打と蹴りで安定感ある戦いで決勝までのぼりつめた。少年型の部にもエントリーし、4位入賞を果たしている。初めての試合の場で大健闘である。

中学生の部では昨年同様、荻原大樹選手(炎心会)と大山裕城選手(新潟上所)の決勝戦となった。大山選手にとっては決して負けたくないリベンジ戦であり、試合開始から突きの連打と得意の上段廻し蹴りで攻め、大山選手の突きが効きはじめていたが、対する荻原選手も王者の意地をみせ一瞬の隙をつきスピードある上段廻し蹴りで技ありを取り、見事2年連続優勝を飾った。

少年型の部では、森澤悟(妙高)が目の前に敵がいるかのような、キレのあるしっかりとした技出しと、受けの意識の『平安IV』で見事勝ち上がり優勝。敵の意識のある彼の動きは、他の少年部にとって学びのある動きだった事と思います。彼は小学5・6年の組手の部にもエントリーし、3位入賞を果たしている。今後も更なる目標を作って活躍してほしい選手である。

壮年の部では、山田裕生選手(長岡)が、パワーのある重い突きで確実に相手ヘダメージを与え、そして決して負けまいとする前へ出る戦いで優勝を勝ち取った。得意な突きを活かした素晴らしい戦いを、今後さらに磨いていってほしい。対する北川孝之選手(新潟県本部)も、非常に重い下段廻し蹴りを持っており、この強烈な蹴りは今後も間違いなく勝利につながること間違いなしである。

壮年の部決勝

一般中級無差別の部では、宮澤輝昭選手(上越)と、飯田誠之選手(上越)の同門による決勝となった。両者ともに、パワーのある突きから下段、膝蹴りを多用し、激しい戦いとなったが本戦で決着がつかず、延長戦となり、ここでも互いに一歩も引かぬ激しい打ち合いとなった。互いに気持ちが強く、最終延長戦にまで戦いが続いたが、前へ必死に出続け手数で上回った宮澤選手の優勝となった。両選手ともに、今の気持ちの強さを持ち続け今後さらに頑張って、いつか上級の部にも挑戦してほしい。


一般上級無差別

一般上級無差別の部では、角田行則選手(新潟上所)と高橋憲広選手(新潟県本部)の戦いとなった。本戦、角田選手は突きから下段廻し・膝蹴りを多用し、対する高橋選手も突きから下段廻し・膝蹴り、そして得意の前蹴りを多様。互いに自分のリズムをしっかり作った戦い方で本戦で決着がつかず、延長戦へともつれ込んだ。引き続き両選手ともに、突きから下段廻し・膝蹴りでの攻め合いとなったが、リーチの長さで上回る角田選手の突きが、次第に高橋選手のスタミナを奪い、3対Oで角田選手の優勝となった。

こうして試合をみていると、年々、技術的にも精神的にも成長が感じられます。そして今回の試合での経験により、また更なる成長と自信に繋がってほしいと思います。

新潟支部では、毎年秋に『新潟空手道選手権大会』が行われます。この大会には全国から選手が集まり、拳を交えます。今回の交流試合での勝利が、秋の新潟大会への大きなステップとなればと思います。そして、今回残念ながら負けた選手の方には、負けこそ成長するチャンスなので、また目標をもって頑張ってほしいと思います。

最後になりましたが、当日ご協力頂いた全ての方々に心より感謝したいと思います。皆様、本当にありがとうございました。押忍。


新極真会 新潟支部 新潟県本部道場
〒950-2162 新潟県新潟市西区五十嵐中島5-1-1 TEL 025-201-8318 FAX 025-201-8379 Eメールよりお問い合わせ