ページのトップ

空手ライフを楽しもう!3才から老若男女・親子で楽しめます。新極真会 新潟支部

公式Facebookページへ
新極真会 新潟支部 古川道場お電話でのお問い合わせ 025-201-8318メールでのお問い合わせ
HOME >>ニュース一覧>>ニュース2008年3月
コンテンツスタート

ニュース

新潟支部 春期審査会の記事

新潟支部 春期審査会

 

 去る3月23日(日)新潟市・鳥屋野総合体育館武道場にて新潟支部春期審査会が行われました。今回の審査会には過去最高参加人数の91名もの道場生が審査会に挑戦し、日頃の努力の成果を見せてくれました。
  今回は少年部・女子部・一般部・壮年部と、それぞれ上級者の連続組手への挑戦も見られ大変緊張感のある審査会となりました。
  審査の始めは『基本審査』から入ります。白帯の基本審査からのスタートなのですが、初めての審査会ということで緊張の程がとても伝わってきました。各帯の基本審査が順に行われ、やはり帯があがる程に基本の技に力強さ・キレ・意識が感じられます。空手の命でもある基本の動きには古川師範、樋口師範代、鶴巻師範代ともに審査する側としても真剣そのものです。
  『移動審査』・『型審査』も各帯の順に行われました。今回は上級に挑戦する者も多く、また初段への挑戦者も二名いました。上級になればなる程、基本審査と同様に立ち方、握り方、技の出し方、練り込み、意識など全てが厳しく見られます。そして移動・型の難易度もかなり上がり、種類も多く、体力を容赦なく奪います。
  基本・移動・型の審査を終えると、基礎体力審査が行われます。拳立て・腹筋・ジャンピングスクワットが帯別に規定回数が決められていて、この三種類がベースになっています。そして、帯があがるにつれ『棒飛び』『拳逆立ち』なども加えられます。もちろん、上級者の基礎体力種目の回数もかなり多く、これを終えた時点で全身が疲労感により重くなる程です。
  審査会最後の審査は『組手審査』です。今回、初めて審査を受けて組手を経験する白帯の方は本当に緊張した事と思います。何度か審査を受けてきた方でもやっぱり緊張した事と思います。そして、うまく動けて自信をつけた方もいれば、悔しい想いをした方もいると思います。けれど、経験したものにこそ学びがあるのだということを感じて欲しいものです。今回、少年部・女子部・一般部・壮年部の上級者の連続組手(三人・五人・十人)がありましたが、周りで見ている以上に苦しいものです。気持ちが折れそうになる瞬間もある中で連続組手をやり遂げるのは、自分の今迄やってきた努力の全てを簡単には捨てられないからでしょう。まさに自分自身との戦いであり、成長する瞬間なのだと思います。そしてこの時、何よりチカラになるのは周りの応援です。気持ちが折れそうな時、周りの応援ほどチカラになるものはありません。今回の、連続組手挑戦者たちも何度となく辛い場面がありましたが、見事全員が連続組手を完遂しました。今回の審査会の受審者が全員合格できることを願うばかりです。
  そして、『最強の武道空手』らしく、人に対しての思いやりの心を大事にし、礼儀礼節の部分でも日々成長し続けて欲しいと思います。押忍。

一日を終えて最後に記念撮影

新極真会 新潟支部 新潟県本部道場
〒950-2162 新潟県新潟市西区五十嵐中島5-1-1 TEL 025-201-8318 FAX 025-201-8379 Eメールよりお問い合わせ