ページのトップ

空手ライフを楽しもう!3才から老若男女・親子で楽しめます。新極真会 新潟支部

公式Facebookページへ
ナビゲーションをスキップしてコンテンツへ
新極真会 新潟支部 古川道場お電話でのお問い合わせ 025-201-8318メールでのお問い合わせ
HOME >>コース案内・ジュニアコース
コンテンツスタート

コース案内

ジュニアコース・強くなれ 優しくあれ

元気な心と健康な体づくり

空手の稽古は、礼に始まり礼に終わります。
大きな声での挨拶と返事を学び、技術だけでなく、人間関係の基本を築きます。
心の成長にも重点を置き、人に対する尊敬の心を育てます。
稽古の際には大きな声で気合いを出します。
子供にとって大きな声を出すことは非常に大切なことです。
この気合いも集中力を高める効果があります。
また、空手の技は反復練習で体に染み込ませ
反復する事により、スピードと筋肉が付きます。
そして姿勢を正し、重心を落としながら移動する稽古や
ミット稽古で、普段の生活では養えない筋肉ができ
基礎体力の向上につながります。
ぜんそく持ちのお子さんも体力をつけたいお子さんもたくさん頑張っています。

強い心といじめ問題

空手の稽古は楽しいだけでなく、時には辛い時、苦しい時もあります。
反復練習を継続する事や姿勢を正し、
重心を落とした稽古から逃げずに向き合うと根気がつきます。
このくり返しで目の前の事から簡単に逃げない気持ちを作ります。
そして何より極真カラテは直接打撃制です。
相手の体に突きを入れたり蹴ったりします。
もちろん同様に自分も突かれたり蹴られたりするのです。
それにより痛みを知ります。
自分が痛みを知り、相手の痛みを知る・・・
これは、体の痛みだけでなく、心の痛みにも通じる事であり、
思いやりの心を育てます。
いじめない、いじめられない・・・そんな指導を心がけています。

道場生の声

空手をはじめた理由は
「自分自身に対し強くなるため」です。
今は組手が一番楽しいです。
将来、世界チャンピオンになるのが夢です!

新潟上所道場 大山裕城(中2)

道場生の声

ぼくが空手をはじめようとした理由は
楽しいし、強くなりたかったからです。
今、一番好きなけいこは
『型』のけいこです。

新潟県本部道場 佐藤海都(小5)

道場生の声

ぼくは5才の時から空手を始めました。
今の目標は、少年コースのせんぱいに追いつくことと
出場する大会で上位入賞することです。

新潟上所道場 布施龍紀(小5)


新極真会 新潟支部 新潟県本部道場
〒950-2162 新潟県新潟市西区五十嵐中島5-1-1 TEL 025-201-8318 FAX 025-201-8379 Eメールよりお問い合わせ